読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまじ会 釣り部ログ

やまじ会 釣り部のブログです。どうぞよろしく

日曜日の釣り

夕方に風が弱まる予報だったので、夕マズメに寒川行ってみました。
 
風が気になりますがなんとか釣りはできそう。
 
海は濁ってたので、目立つ色のナブラ刑事3gで広く素早く捜査します。
 
底の方から探ってたら、目の前でボイル発生!
 
すぐにナブラ刑事を急行させます。
 
さらに小さいですがナブラ発生!
 
チョンチョンしてたら…アタった!  けど掛からない。
 
表層でいいのがわかったので、少し軽めのダートするハネエビにチェンジ。
 
10秒ほど沈めて2回ダート。
4秒止めて、また2回ダートの繰り返し。
 
けっこう手前まで帰ってきた所でのフォール中にアタリ!
 
サバかアジだと思ったので、軽めの合わせ。
 
竿に伝わる重みで掛かったのを確認した瞬間。
凄い勢いでラインが出ていきます。
 
ドラグしめなきゃなんですが、ビックリして慌ててしまい、ラインを緩めてしまいました。
 
しまったと思ったんですが、とりあえずドラグしめて、ライン張ってみると…
まだついてる!
 
けっこう引く…   ふと竿を見ると、根掛かり以外で見たことないほど曲がってます。
 
これは大物だろうと慎重に上げてくると、なんか長いものが上がってきました。
 
一瞬何か分かりませんでしたが、なんと太刀魚でした。
 
当然網なんて持ってきてないので、抜きあげ。
 
PE0.3で、リーダーはナイロン1号のメバルロッドでも、指3本の太刀魚なら勝負になることがわかりました。
 
よく切れなかったなってくらいルアー丸のみで、ジグヘッドの針折られました。
 
 
その後はなに投げてもアタリ連発でしたが、ライン切られまくりました…
 
 
そこに颯爽とあらわれた則友さん。
 
状況を説明すると、ササッとテンヤで太刀魚釣り上げました。
 
昼間も金子でサビキしてたそうで、でかいサバをたくさん釣ってました。
 
さすがです。
 
ポツポツアタリ出てましたが、風が強くなり、手足の感覚が無くなったので、この日は終了しました。
 
 
 
 
やはり釣りは何がおこるか分かりません。
 
諦めずにどんどん竿振っていかなければいけないと寒川の海に教えてもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終わりです。