読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまじ会 釣り部ログ

やまじ会 釣り部のブログです。どうぞよろしく

2月13日

てっぺん取ったからと言って釣りに行かない理由にはなりません。
 
 
寒川テトラ行ってきました。
 
やってみたい仕掛けや、誘い方があったので、試してみます。
 
 
まず、メバル用のミノー投げて、竿だけでさびいて止めて待つという、あの有名な加来匠先生が、釣り動画で紹介してた誘い方です。
 
 
 
 
僕にはまだ早かったようです。
 
 
次はダートするジグヘッドとワームで、リアクション狙いです。
 
着水してすぐに、チョンチョンしてダートさせます。
 
今までと違うのは、止めてフォールさせる時間をしっかりとるということです。
 
2gなので、長くは待てないですが、3~5秒ほど待つと決めてやってみます。
 
すると、フォールで合わせるまでもなく食ってくれました。
 
食わせの間の大事さをようやく知ることができました。
 
 
次は、デッドスローの練習です。
 
1gのジグヘッドに、先日買ったメジャークラフトのイカっぽいワーム着けてキャスト。
 
着水してすぐに巻き始めます。
 
竿は動かさず、4秒ほどでリール1回転を意識して巻きます。
 
5m先ぐらいでブルブルっとアタリ。
 
軽く竿を引いて合わせると…    乗りました。
 
 
上がってきたのは、15cmほどのメバルでした。
 
サイズは小さいですが、自分がこう釣ろって思って釣れた魚なので大満足です。
 
その後、3ヒット2キャッチでメバル狙い終了。
 
次はダウンショットを試します。
 
一番下が重りで、その上60cmほどの所に15cmほど枝針を出します。針はジグヘッドの0.5g
 
キャストして着低したら、その場で竿をプルプルしてワームを揺らして誘います。
 
 
しばらくして根掛かりしました。
 
しかし慌てては行けません。
 
この仕掛けは、重りを糸でひっかけているだけなので、強く引けば重りだけとれて、針は回収できるというシステムになっています。
 
 
 
 
 
 
 
PEから切れて、この日の釣りは終了しました。
 
 
 
改良してまたやります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終わりです。